大切な友の死にあたって

 哀しみを受け止めるためのペット葬儀

あなたは大切な友を亡くしました。命あるものに平等に与えられた死、
お別れの時です。
今日 火葬が終わって家に帰ります。ぽっかりと心に開いた大きな穴に気がつくと、
今度はたとえようのない深い悲しみがおそってきます。
私たち人間は死に直面した時、たとえそれがペットの死であっても
心の中や行動で「喪の作業」(立ち直るための作業)を必要とします。
この作業の内容や期間には人により差がありますが、
その作業がうまくいかなかったり、期間中に心無い人の言葉
(たかがペットになどの)によって心に大きな傷を負い強い不信感
を持ってしまったり、だれかを恨んでしまいます。
また自殺まで考えてしまうという「ペットロス症候群」になってしまう方
が大勢いらっしゃいます。
そうならないために「悲しい時は大いに悲しむ」ことが大切です。
老若男女だれであっても死を悲しむことは自然で、決して恥ずかしいことでは
ありません。
あの夏目漱石やイタリアのムッソリ−ニなどの文人墨客、気荒な軍人でさえ
ペットの死の悲しみから立ち直るのに数年かかったそうです。
ゆっくりと気持ちを落ち着けてあなたのペ−スで立ち直ることにしましょう。

動物達の御霊に捧げる各種ご法要について
ご自宅のパソコンから手軽に納骨堂ライブ
ネット上のペットのお墓
*
城東動物霊園 近景
城東動物霊園 ペット火葬場
東京都江戸川区春江町4-23
(Tel) 03-3653-4343
フリーダイヤル(24時間受付)
0120-59-4343
>> GoogleMaps
城東動物霊園 ペット火葬場
東京都江戸川区春江町4-23 (Tel)03-3653-4343
>>GoogleMaps
フリーダイヤル0120-59-4343